Inspection:1968 Chevrolet camaro SS/RS 396

0

    今回は車検でのお預かり

    点火系のRefreshと冷却系の強化

    いいRadiatorはPerformanceもLooksもいいです

    ココのはOriginalなLooksが好みです。

    あと消耗品を替えて完了です。

    余談ですが、仕事でも私生活でも極力Made in chinaは

    避けているつもりです。

    が、最近それは不可能に思えてきました。

    うまく付き合うしかないのかな。。。

     

     

     


    Completed:1966 Chevrolet chevelle

    0

      前回からの続きです

      下回り

      Link類を一新

      高速コーナリング時のGap踏んだ時の

      不安定な挙動を少しでも軽減できないものかと

      ROTO jointに変更。

      足回りって本当に難しい。。。

      それとPinion angleも

      詰めていきます

      Exhaustは

      StainlessのX-pipeで

      Drive shaftもAluminumの太いものに

      したのでキツキツです

      Kitの出口はBumper下に

      ズドンと出るタイプ。

      出口は見せない方がSmartと思うので

      この出口に何時間使ったか。。^^;

      それだけケツは重要です。

      あと、8.5Jの深いRimだったので車高が下げれず

      ケツ上がり。。。8Jのちゃんと収まる

      Rimに変えて

      姿勢を正せました

      あと、今回唯一変えた外装Partsは

      色が合ってないGlassはよろしくないので

      前後をClearのGlassに交換しました。

      と、ご依頼いただいたMenuが完了!

      もちろんTest driveはしましたが

      いきなり和歌山に出発はちょっと心配だったので

      前日入りしてもらい

       

      阿蘇山までぶらり

       

       

      平地では35℃と結構な気温でしたが

      なんのTroubleも無し♫

      安心して和歌山へ送り出せました

      遠くより本当にありがとうございました☆

       

       

       


      Completed:1966 Chevrolet chevelle

      0

        前回の続きでいよいよ

        e/gが載りました

        補器類のおかげで

        収まらなくなったRadiator+FANを加工します

         

        Fuel+sparkのManagementは

        Holley Sniperで行います

        どんどんカッコイイPartsがでますね

        配線は徹底的にHidden

        EFIのHarnessもほどいて作り直します

        整備性を考えてRelayなどは一つにまとめます

         

        目について気になる部分は

        ひと手間で

        解決です

         

        スッキリ仕上がったと思います

        のちの試運転で発電がおかしいなと思ったら

        いきなりAlternatorが逝きました。。。

        実働数時間。。。

        もちろん信頼のBrandの物です。。。

        絶対と言う事はないと言う事ですね^^;

         

        後編に続く

         

         

         


        Interior:1966 Chevrolet Chevelle

        0

          前回からの続き

          Floor panel切り替え完了

          地味に大変な作業です

          カサカサで穴が開いたDashは綺麗にします

          それに伴いすべて交換します

          後付け補器類も撤去してCluster panel内に収めます

          見違えましたね

          あと、よくダメになってるColumnのここ

          ガタガタ・ゴリゴリのSteering多いですよね

          ここに手を入れてやるとカッチリします

          なかなかのお値段ですがやる価値あり!

          Harnessを引き換えて組み付け

          気持ちいいですね♫

          次回は

          e/g回りに行きたいと思います♪

          つづく

           


          Brake system:1967 Chevrolet chevelle conv.

          0

            今回で足回りのModify完了です

            まだ手付かずだったFr.Suspension

            Big rotor化に伴いCoilover化

            Handlingの向上を狙って

            Tall Spindleへの交換

             

            ついでに例のLEDへConversion

            ほんとに好評です♫

            色味も良く、18Wの明るさとは思えません!

            DQNのミニバンみたいに眩しいだけで

            明るくないLightはほんとに恥ずかしいし

            迷惑なのでやめましょう

            Custom・Modifyにおいて

            Performanceはもちろんですが

            Looksも大事なFactorと思います。

            Large rimに隙間無く収まったRotorは

            ホントカッコイイです。。。

             

             


            | 1/169PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << August 2018 >>

            information

            MSDSblogGIF.gif

            福岡・佐賀、九州一円で古い国産・アメ車でお困りの方。
            Original/StockからResto-modなマッスルカー、なんでもお任せください。

            なお、MSD SPEEDのFacebookページにて、Blogでは書かないことや、在庫処分品などのお知らせなどもやってますんでこちらもご覧ください!
            MSDSFB200.jpg

            606-4 Sakainishi-machi Tosu-city SAGA 8410042
            0942-48-6624
            お問い合わせは
            info@msdspeed.ccまで。

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM