LS Build:1966 Chevrolet Chevelle MSDS

0

    ふと気が付いたら1か月も更新してなかった。。。

    インスタが楽でついそちらに偏って^^;

    更新を待ってくれてる方、

    ちゃんと更新しますねm(__)m

     

    そこで今回はうちのTEST CARのネタでも

    ひょんなことからe/gを作らなければならないことに

    LS Stroker組むのは7年振り

    その時のCrankとConrodは保管してたので

    いつか作ろうと思ってたところに6.0L Iron blockをGet

    前回はLS1BASEの383cuiで今回はLQBASEの408cui

    Aluminum blockいじるのはトラウマです。。。

     

    前回の教訓でPiston選びは材質から

    e/g作るにあたって一番の肝のBoring

    間違いないところに頼みたいところ

    大阪のGIKENさんに依頼しました☆

     

    Idle時の負圧が80kpaだったCamは

    街乗り考えて60kpaあたりの物に

    お客さんへのFeedbackを考えて

    今回はコスパも重視。

    GMのLS3 HeadをChoice

    PortはCNCがイイネ

     

    Bearingも拘りたいところです

     

     

    で、組みあがり。

    昔はどうやってOIL回す?なんて言ってたのが

    今はこんな便利なものが有るんですね〜

    次号はいよいよ積み込み編です

    つづく

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     


    Safety first:1966 Chevrolet chevelle

    0

      どんなにPowerを上げても

      どんなに良いBrakeを入れても

      それを伝えるTireがダメだと。。。

      毎回言ってますがTireとBrakeは良すぎて困ることはありません。

      雰囲気は14”or15”がカッコイイのは間違いないです。

      でも、Performanceを求めだしたら

      そこを無視できなくなります。

      このChevelleもe/gもBrakeも予定してますんで

      順序的にここからStart

      5SpokeをChoice

      このSpokeが湾曲してないtypeが好みです!

      Tireは信頼のMichelin

      Pilot sport4

      67までは前後18"がBalanceいい気がします。

      併せてRear susも変更

      60'sの雰囲気も残しつつ

      いい具合にUpdateできたと思います(^^)


      MUSCLE TOUR 2019

      0

        僕が一番楽しみにしてるEvent

        Muscle tour 2019

        九州-東海-新潟

        今年も集まりました♪

        週間天気じゃ雨とか言ってたのが

        奇跡の好転♬

        福岡を出発☆

        早朝に兵庫県で全員集合

        とんでもない霧

         

         

         

         

        走るにつれ霧もはれ

         

         

        初日の目的地

        メタセコイア並木

        ちょっと写真かじってたら絶対撮りたい

        Spotです♫

         

         

         

         

         

         

         

        紅葉にはちょっと早かったです^^;

        からの、琵琶湖湖畔へ

        最高のLocation

        最近のキャンプブームのせいか

        この寒い中テントサイト満員!!

        で、今回のDinerは各地それぞれ

        鍋を振舞うことに

        福岡は当然もつ鍋♫

        東海は鴨鍋そば♫

        新潟は越乃寒梅で豚しゃぶ♫

        どれも美味で大成功♬

        毎回女子に感謝感謝

        からの、早起き

        二日目は兵庫までCruisin'

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        LS1-LS1-LFA-LS408

        LSも増えました☆

        どれもCAMで武装しとります☆

        相変わらずChevelle高し

        数えてみたら13台中9台がEFI

        Sniper

        TERMINATOR

        TERMINATOR-X

        Edel Proflo4

        MSD Atomic

        バラエティに富んでます♪

        で、二日目は

        セントラルサーキットでDrag観戦

         

        Special THX HiComps Racing

         

        楽しい時間はあっという間で。。。

        帰りはいつものフェリーで♬

        今年もホントにいい旅でした!

        今から来年が楽しみで仕方ないです☆


        EFI fault:1973 Chevrolet Camaro

        0

          突然の不調

          まったく吹け上がらず、黒煙モクモク。。。

          京都のお仲間が名古屋から陸送してくれました。

          ありがたいことです☆

          で、診断。

          補正値-40%。。。^^;

          Regulatorを疑うも燃圧は正常。

          最初のPrime時の飛沫が気になって

          撮影したところ。。。

          !!!

          ひとつだけ異常な噴射。

          Driverが不良と判明。

          もうすこしTroubleが減れば最高なSystemなんですけどね。。。

          今までは泣き寝入りだったんですが、

          うまく保証してもらう仕組みができましたので

          新品に交換してもらいました♪

          Holleyはホントに塩対応なんですよ。。。

          で、ついでに傾いたMufflerの修正

          2nd Camaroは特に見えるところなんで

          ここはキッチリ水平出さないと

          がっかりですね^^;

          で、Wiper motorの交換

          DSEの新しい奴ですね!

          自分のは1stDesignの使ってますが

          不良が多かったみたいですね。。。

          WasherがControlできるのがすごいですね♪

          と、同時に車検も。

          11月のLong Touring前にバッチリ

          Maintenance出来ました!

          一通り学習、調整して完了。

          で、名古屋から引き取りに。

          それ自体Long Touringになりましたねww

           

           

           


          Comeback:1969 Plymouth Roadrunner

          0

            一年以上振りの路上復帰

            おまたせしました。

            いろいろと不具合が出てきて

            とどめにATがダダ滑り。。。

            まとめてやろうと思ってたんですが、

            ご存知のように人手不足でなかなか取り掛かれず。。。

            まずはAT

            ATベンチテスターの販売もやってる業者さんです

            もちろんTorque converterも割ってOH

            毎回間違いなしです。

            あと、意外と気にされていないConverter。

            開けずに洗浄は無理だし、ほぼ羽根は変形しているようです。

            そのままじゃ、せっかくのOHが無駄になります。

            ATのOHを値段だけで選んでませんか?

            バラシてOHキット組むだけなら僕でもできますが、

            それでも頼むのは見えないknow-howが詰まってるからなんです。

             

            で、次はお約束の配線です

            ほぼ全体的にこんな感じでした^^;

            しかしMOPARのHarness交換はホントに面倒ですね。。。

            FORDどころじゃなったww

            あと、Idlerの役目しかしていない重いCompressorの取り外し

            そのままじゃBeltの取り回が無理なので

            問題の解決もかねてAlternatorをCS130へConvert

            ほぼ機能していないクソ重いAC/Heater unitを撤去

            Heater onlyに。しかしこの大きさの差^^;

            で、試運転。

            SteeringのCenterがずれていたので

            エンジンかかっていない重ステ状態で少し切ってみたら

            U-Joint部が外れて空回り!!

            犯人は抜け止めのretainer外れ+テレスコがスルスル。。。

            ほんと運転中じゃなくて、というか納車前でよかった。。。

            こういう普段気に欠けない部分のTroubleは

            ホントに怖いですね。。。

            と、一通り完了して無事納車!

            毎日凄い距離乗ってるようですよ(笑)


            | 1/177PAGES | >>

            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << January 2020 >>

            information

            MSDSblogGIF.gif

            福岡・佐賀、九州一円で古い国産・アメ車でお困りの方。
            Original/StockからResto-modなマッスルカー、なんでもお任せください。

            なお、MSD SPEEDのFacebookページにて、Blogでは書かないことや、在庫処分品などのお知らせなどもやってますんでこちらもご覧ください!
            MSDSFB200.jpg

            MSD SPEED MOTORS

            株式会社 chi's
            606-4 Sakainishi-machi Tosu-city SAGA 8410042
            0942-48-6624
            お問い合わせは
            info@msdspeed.ccまで。

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM